とっても魅力的な西はりまに出かけよう!西はりま5市6町の観光・グルメ・地域ニュース満載!

相生市

南は瀬戸内海、北は播磨科学公園都市に接する自然豊かなまち。「相生ペーロン祭」や「相生かきまつり」など四季折々の行事や味覚を楽しめます。

人口 29,902人(2017年1月)
面積 90.40平方km

相生市ってどんなところ?

相生市は、兵庫県の南西部に位置し、姫路市へはJR山陽本線・山陽新幹線で東へ21km、さらに神戸市へは76kmの距離にあります。 南は風光明媚な瀬戸内海国立公園の一部を含み、北は播磨科学公園都市、北東は「赤とんぼ」の詩情豊かなたつの市、西は「赤穂義士」で名高い赤穂市に接し、海岸部から平地、山間部へと伸びる南北に長い市域です。

造船業を中心とした工業都市として発展してきましたが、現在、社会変化に対応するまちづくりを展開しています。また、西播磨テクノポリスの副母都市として、産業・経済の基盤づくりを進めています。

1年を通じて瀬戸内海特有の穏やかな気候風土に恵まれており、瀬戸内海国立公園、西播丘陵県立自然公園など自然景観を活かした観光施設として、「万葉の岬」「羅漢の里」などを整備しています。
また、市の伝統行事であるペーロンをテーマにした「白龍城(ペーロンジョウ)」があり、天然温泉などが楽しめます。

新着イベント情報

ここが楽しい!相生紹介ムービー

相生市観光スポット

他の地域を見る